無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 41地方議会で秘密法撤廃意見書 昨年末までに参院受理 | トップページ | 憲法解釈変更は「通常国会で」 集団的自衛権で首相補佐官 »

2014年1月 7日 (火)

海自最大の護衛艦「いずも」、どう見ても空母なのでは…

専守防衛から、海外で闘う自衛隊へ。
http://www.asahi.com/articles/ASFDT5KFRFDTUTIL03D.html

海自最大の護衛艦「いずも」、どう見ても空母なのでは…

2014年1月7日10時24分

 海上自衛隊最大の護衛艦「いずも」が昨夏、進水した。どう見ても空母だが、防衛省は「空母ではない」という。どういうこと?

■能力や構造は空母そのもの

 船体の長さ約250メートル。排水量1万9500トン。真珠湾攻撃に参加した旧日本海軍の空母「翔鶴(しょうかく)」「瑞鶴(ずいかく)」に近い大きさだ。

 自民党政権下で2010年度予算の概算要求に建造費が盛り込まれ、民主党政権を経て、安倍政権のもとで迎えた進水式に、中国や韓国のメディアは敏感に反応した。「準空母の登場」と報じ、「日本の右傾化の象徴」などと批判した。

 いずもは、京都・舞鶴基地所属の「しらね」(5200トン)の後継で、防衛省の説明では「ヘリコプター搭載護衛艦」だ。海自は既に1万トン超のヘリ搭載護衛艦「ひゅうが」と「いせ」を保有。いずもは来春に就役予定で、建造中の同型艦と合わせて4隻を配備する計画だ。先月、閣議決定された中期防衛力整備計画でも、海自の基幹部隊とされる護衛隊群の中核を担う。

 ヘリコプター9機を同時に運用できる能力や、艦首から艦尾まで甲板が平らな構造は空母そのものだ。

« 41地方議会で秘密法撤廃意見書 昨年末までに参院受理 | トップページ | 憲法解釈変更は「通常国会で」 集団的自衛権で首相補佐官 »

「国内情勢」カテゴリの記事