無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 海自最大の護衛艦「いずも」、どう見ても空母なのでは… | トップページ | 護衛艦発着の飛行機配備へ=海自初、無人偵察機で »

2014年1月12日 (日)

憲法解釈変更は「通常国会で」 集団的自衛権で首相補佐官

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014011201001224.html

憲法解釈変更は「通常国会で」 集団的自衛権で首相補佐官

2014年1月12日 11時10分

 礒崎陽輔首相補佐官は12日、集団的自衛権行使を容認する憲法解釈の変更を通常国会中に行いたいとの意向を表明した。東京都内で記者団の質問に答えた。安倍晋三首相が設置した「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」は、行使を容認する報告書を4月に政府へ提出する見通しで、受け取ってから6月22日の国会会期末までに結論を出す考えとみられる。

 これに関連し公明党の斉藤鉄夫幹事長代行はフジテレビ番組で「4月には消費税率の引き上げがある。今はデフレ脱却に専念すべきだというのが多くの国民の意見だ」と結論を急がないよう要求した。
(共同)

« 海自最大の護衛艦「いずも」、どう見ても空母なのでは… | トップページ | 護衛艦発着の飛行機配備へ=海自初、無人偵察機で »

集団的自衛権」カテゴリの記事