無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 国家安全保障戦略要旨 | トップページ | 朝日社説 安倍政権の安保戦略―平和主義を取り違えるな »

2013年12月17日 (火)

中期防要旨

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_date1&k=2013121700302
中期防要旨

 政府の中期防衛力整備計画(2014~18年度)の要旨は次の通り。
 【基幹部隊の見直し】
 〔陸上自衛隊〕統合運用の下、作戦基本部隊や各種部隊などの迅速・柔軟な全国的運用を可能とするため、各方面総監部の指揮・管理機能を効率化・合理化するとともに、一部の方面総監部の機能を見直し、陸上総隊を新編。中央即応集団を廃止し、その隷下部隊を陸上総隊に編入▽沿岸監視部隊や警備部隊の新編などにより、南西地域の島しょ部の部隊の態勢を強化。連隊規模の複数の水陸両用作戦部隊などから構成される水陸機動団を新編▽陸自の編成定数はおおむね15万9000人程度。
 〔海上自衛隊〕ヘリコプター搭載護衛艦1隻とイージス・システム搭載護衛艦2隻を中心に構成される4個の護衛隊群に加え、その他の護衛艦で構成される5個の護衛隊を保持。潜水艦増勢のために必要な措置を継続。
 〔航空自衛隊〕那覇基地に戦闘機部隊の1個飛行隊を移動。警戒航空部隊に1個飛行隊を新編し、那覇基地に配備。訓練支援機能を有する部隊を統合。
 【自衛隊能力に関する主要事業】
 〔周辺海空域の安全確保〕新たな早期警戒管制機または早期警戒機のほか、固定式警戒管制レーダーを整備▽広域の常続監視能力の強化のための共同の部隊の新編に向け、滞空型無人機を新たに導入。
 〔島しょ部の攻撃への対応〕与那国島(沖縄県)に陸自の沿岸監視部隊を配備▽輸送ヘリコプター(CH47JA)の輸送能力を巡航速度や航続距離などの観点から補完・強化し得るティルト・ローター機(オスプレイ)を新たに導入。(2013/12/17-11:17)

« 国家安全保障戦略要旨 | トップページ | 朝日社説 安倍政権の安保戦略―平和主義を取り違えるな »

「国内情勢」カテゴリの記事