無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 経済再生、積極平和主義のため=安倍首相 | トップページ | 日本の憲法改正「無益」=米軍当局者が批判 »

2013年10月 1日 (火)

韓国大統領、再び日本非難展開=米閣僚に「安倍政権、信頼できず」

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013093000804
韓国大統領、再び日本非難展開=米閣僚に「安倍政権、信頼できず」

 【ソウル時事】韓国の朴槿恵大統領は30日、訪韓中のヘーゲル米国防長官と会談し、日韓関係について、「歴史や領土問題について、しばしば時代に逆行した発言をする(日本の)指導部のせいで、信頼が形成できない」と語り、安倍政権を改めて非難した。また、大統領は早期の日韓首脳会談に否定的な考えを示した。韓国大統領府が発表した。

関係改善糸口つかめず=日韓外相、2度目の会談

 朴大統領は5月の米韓首脳会談でも日本非難を展開した。共通の同盟国である米国の首脳、閣僚に対し集中的に日本を批判するのは異例のこと。日本政府内で朴政権に対する不信感がさらに強まりそうだ。
 会談では、ヘーゲル氏が日米韓の安保協力の重要性と日韓関係改善への期待を表明した。これに対し、朴大統領は「首脳が向き合って(歴史問題を)解決できる状況ではない」と反論した。
 大統領は、従軍慰安婦問題を挙げ「今も進行中の歴史だ。(元慰安婦は)今まで深い傷を受けて生きてきたのに、日本は謝罪どころか侮辱し続けている」と決め付けた。 
 朴大統領は「(首脳)会談後に日本の指導部から再び(韓国民を)傷つける発言が出れば、『なぜ会談をやったのか』という(不満が高まる)悪循環になる」と述べ、日本が「誠意」を見せることが先決だと主張。ヘーゲル長官に対し、「周辺国の信頼を得るべく努力する」ことを日本に促すよう要請した。(2013/09/30-20:36)

« 経済再生、積極平和主義のため=安倍首相 | トップページ | 日本の憲法改正「無益」=米軍当局者が批判 »

「国際情勢」カテゴリの記事