無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 集団的自衛権、発動に3要件 政府方針 行使を最小限 | トップページ | 平和憲法精神維持を=日本の集団的自衛権行使-韓国軍次期議長 »

2013年10月12日 (土)

水陸両用団、新防衛大綱に明記へ 米海兵隊がモデル

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131012-00000010-asahi-pol

水陸両用団、新防衛大綱に明記へ 米海兵隊がモデル

 【園田耕司】防衛省は12月に策定する新防衛大綱に、陸上自衛隊に海からの上陸作戦能力を持たせる「水陸両用団」(仮称)の新設を明記する方針を固めた。米海兵隊をモデルに、離島などの防衛が専門の陸上自衛隊西部方面普通科連隊(長崎県佐世保市、700人)を中核に2015年度にも発足させ、将来的には3千人規模に増員する。

 水陸両用団の新設は、中国の海洋進出を念頭に尖閣諸島など南西諸島防衛を強化する狙いがある。水陸両用車を使って、敵に占領された島を奪い返す上陸作戦の能力を持つ。尖閣諸島周辺には、たびたび中国の艦船が現れており、中国との偶発的な衝突の可能性も指摘されている。こうした状況を踏まえ、防衛省は機動力の高い水陸両用団の新設は緊急の課題と判断した。

朝日新聞社

« 集団的自衛権、発動に3要件 政府方針 行使を最小限 | トップページ | 平和憲法精神維持を=日本の集団的自衛権行使-韓国軍次期議長 »

「国内情勢」カテゴリの記事