無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 水陸両用団、新防衛大綱に明記へ 米海兵隊がモデル | トップページ | 雑記(306)何という名前なのだろうか »

2013年10月12日 (土)

平和憲法精神維持を=日本の集団的自衛権行使-韓国軍次期議長

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013101100790
平和憲法精神維持を=日本の集団的自衛権行使-韓国軍次期議長

 【ソウル時事】韓国軍合同参謀本部議長に内定した崔潤喜氏は11日、国会の人事聴聞会で、安倍政権による集団的自衛権行使に向けた憲法解釈変更の動きについて「平和憲法の意味を失わないようにすべきだ。域内の平和と安定の支障にならないことを期待する」と述べた。専守防衛の範囲内にとどめ、周辺国に不安を与えないよう配慮しながら進めるべきだとの考えを示したとみられる。 
 崔氏はまた、北朝鮮軍が最近、韓国の首都圏や黄海の北方限界線(NLL)を攻撃するための新型多連装ロケット砲を多数実戦配備したと指摘。8月に就任した北朝鮮軍の李永吉総参謀長に関しては「非常に好戦的な人物だと把握している。好戦的な気質により、起こりうる軍事挑発に積極的に備える」と語った。(2013/10/11-17:54)

« 水陸両用団、新防衛大綱に明記へ 米海兵隊がモデル | トップページ | 雑記(306)何という名前なのだろうか »

「国際情勢」カテゴリの記事