無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 96条先行改正こだわらず=安倍首相「TPP、党で検証」-衆院予算委 | トップページ | 集団的自衛権は法整備が必要 首相「行使を担保」 »

2013年10月22日 (火)

国家安保戦略 概要を決定 中朝の軍事脅威明記

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131021/plc13102123250011-n1.htm

国家安保戦略 概要を決定 中朝の軍事脅威明記
2013.10.21 23:19
「国家安全保障戦略」の概要を決定した安全保障と防衛力に関する懇談会=21日夕、首相官邸

「国家安全保障戦略」の概要を決定した安全保障と防衛力に関する懇談会=21日夕、首相官邸

 政府は21日、有識者会議「安全保障と防衛力に関する懇談会」(座長・北岡伸一国際大学学長)を首相官邸で開き、外交・安全保障政策の中長期的な基本方針「国家安全保障戦略(NSS)」の概要を決定した。中国と北朝鮮の軍事的脅威を明示し、武器輸出三原則の見直しも明記した。12月に閣議決定する。焦点の集団的自衛権行使について、担当の礒崎陽輔首相補佐官は会議後、記者団に「国家安保戦略に入らない」と明言した。

 政府が初めて策定する国家安保戦略は、外交・安全保障の最高位の指針となり、12月に閣議決定する新防衛大綱の基になる。

 概要では、基本理念を「平和国家として積極的平和主義の立場から世界の平和と安定、繁栄の確保に寄与」と定義し、安倍晋三首相が唱える「積極的平和主義」を強調した。

 今後取るべき政策目標には「日本の安全確保に必要な抑止力を強化し、直接侵害が及ぶ場合には排除し、被害を最小化する」と掲げた。日米同盟強化やアジア太平洋地域で安保協力を進め、武力でなく国際連携による抑止力向上を図る。

 課題設定として、シーレーン(海上交通路)やサイバー攻撃のリスク増大、国際テロの脅威拡散を指摘。軍備増強を図る中国や、核・ミサイル開発を進める北朝鮮への対応の必要性を訴えた。会議に出席した首相は「戦略の策定作業を加速させ、積極的平和主義の下で行う政策を具体化していく」と表明した。

« 96条先行改正こだわらず=安倍首相「TPP、党で検証」-衆院予算委 | トップページ | 集団的自衛権は法整備が必要 首相「行使を担保」 »

「国内情勢」カテゴリの記事