無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 集団的自衛権、法制定が必要…自民・石破幹事長 | トップページ | 「国際法重視を」「棚上げ認めよ」=日中関係めぐり国際シンポ »

2013年9月15日 (日)

秘密保護法案:「国民的議論足りぬ」 藤原紀香さんも批判

http://mainichi.jp/select/news/20130915k0000e040127000c.html

秘密保護法案:「国民的議論足りぬ」 藤原紀香さんも批判

毎日新聞 2013年09月15日 10時50分

 安全保障に関わる重要情報の漏えいに厳罰を科す「特定秘密保護法案」について、国民の意見を聞くパブリックコメントが17日締め切られる。国民の「知る権利」を揺るがす恐れも指摘され、市民団体などからは「広く周知徹底するため期間を延ばすべきだ」との声も出ている。

 パブリックコメントの実施は3日、法案を検討する自民党のプロジェクトチームで決め、即日始まった。期間は15日間で、来月15日召集の臨時国会前の法案提出に間に合わせるためとの見方もある。

 日本弁護士連合会(日弁連)は12日、2カ月間に延長するよう求める意見書を提出。江藤洋一弁護士は「内閣情報調査室の担当者は『期間は他の事例を参考にした』と言うが、何年もかけて広く国民的な議論をすべき問題だ」と話す。

 タレントの藤原紀香さん(42)も13日夜、ブログで応募したことを明らかにし「大切な事柄なのにたった2週間」と批判。「国家機密にあたる範囲が曖昧なのが問題。国民は知る権利があると思います。国民の一人として意見しなければならない。賛成の人、反対の人、それぞれ意見は政府に書きましょう」とつづった。

 意見は内閣官房のホームページに書き込むか、メール(tokuteihimitu@cas.go.jp)で応募できる。法案は安全保障に関する4分野で「特段の秘匿の必要性」のあるものを閣僚らが「特定秘密」に指定。最高懲役10年の罰則で特定秘密の流出を防ぐことを目的にしている。【青島顕】

« 集団的自衛権、法制定が必要…自民・石破幹事長 | トップページ | 「国際法重視を」「棚上げ認めよ」=日中関係めぐり国際シンポ »

「国内情勢」カテゴリの記事