無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 集団的自衛権認識そごなし強調 | トップページ | ガイドラインの再改定着手へ=2プラス2で合意見通し-米当局者 »

2013年9月27日 (金)

軍国主義者と呼びたいなら呼べ、これからも原発を放棄しない これが首相の言うことか

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-09-27/2013092701_03_1.html
軍国主義者と呼びたいなら呼べ、これからも原発を放棄しない  これが首相の言うことか

 安倍晋三首相は25日午後(日本時間26日未明)、国連総会への出席で訪れているニューヨークで、米保守系シンクタンク・ハドソン研究所の会合で演説し、中国を念頭に「私を右翼の軍国主義者と呼びたいなら、どうぞ呼んでいただきたい」と挑発しました。

 首相は演説で、日本の軍事費が11年ぶりに増額に転じたことを“実績”としてアピール。一方、名指しこそしなかったものの、「隣国に軍事支出が少なくとも日本の2倍の国がある」との表現で中国の軍拡を取り上げ、日本の軍事費の伸びはわずかだと主張し、挑発の発言を行いました。

 一方で首相は、集団的自衛権の行使や国家安全保障会議(NSC)設置に強い意欲を表明。「積極的平和主義」を標ぼうして「戦争する国」づくりに前のめりの姿勢を示しました。

 さらに、首相はニューヨーク証券取引所でも演説し、日本のエネルギー政策に関して、「原発の安全技術でこれからも世界に貢献していく。放棄することはない」と述べ、福島第1原発での汚染水問題にはいっさいふれず、原発保持と輸出推進を明言しました。

 首相発言は、衆参両院での与党多数を背景にした、おごりたかぶりを示すもの。シリア問題にみられるように紛争の平和的

« 集団的自衛権認識そごなし強調 | トップページ | ガイドラインの再改定着手へ=2プラス2で合意見通し-米当局者 »

「国内情勢」カテゴリの記事