無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 南西諸島で施設共同使用=14年春に無人機配備-日米共同発表の概要判明 | トップページ | 安保基本法提出、来春以降=自民・石破氏 »

2013年9月29日 (日)

「憲法解釈変えては信用されない国になる」公明・斎藤氏

http://www.asahi.com/politics/update/0928/TKY201309280187.html
「憲法解釈変えては信用されない国になる」公明・斎藤氏

■斎藤鉄夫・公明党幹事長代行

 安倍晋三首相はアメリカで「集団的自衛権は公明党の理解を得たい」と言った。日本は、憲法9条により個別的自衛権があって自衛隊はあるが、集団的自衛権は行使しない、と言ってきたからこそ、特異な平和な国家だと認められてきた。海外に出かけていき、米軍とともに軍事行動するようなことはしません、と憲法9条は言っている。平和国家として生きていく上で、日本にとってとても重要なことだ。従って、公明党は政府が言ってきたことを簡単に変えるべきではない、と主張してきた。政権が変わって、「実は今まで言ってきたことはウソで、こう解釈してこうします」ということをたびたびやっていたら、日本は信用されない国になってしまう。本当に集団的自衛権を行使したいのなら、憲法改正をするのが筋ではないか。(岡山市の岡山県本部主催の会合で)

« 南西諸島で施設共同使用=14年春に無人機配備-日米共同発表の概要判明 | トップページ | 安保基本法提出、来春以降=自民・石破氏 »

集団的自衛権」カテゴリの記事