無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 情報漏洩容疑で聴取 中国当局、朱建栄氏逮捕へ | トップページ | なお29万人が避難=原発事故収束見えず-東日本大震災2年半 »

2013年9月11日 (水)

集団的自衛権行使に期待=米高官、公明代表に表明

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol&k=2013091100250
集団的自衛権行使に期待=米高官、公明代表に表明

 【ワシントン時事】公明党の山口那津男代表は10日午後(日本時間11日午前)、ワシントン市内でリッパート国防長官首席補佐官と会談した。安倍晋三首相が目指す集団的自衛権の行使容認に向けた憲法解釈変更について、リッパート氏は「日本が集団的自衛権の行使を解禁し、国際社会でより積極的な役割を果たすことを米政府は歓迎する方向だ」と期待を表明。山口氏は「この問題は慌てずに議論することが大事だ」と、慎重な姿勢を改めて示した。 
 オバマ政権は集団的自衛権の行使容認を歓迎すると同時に、中韓両国とのさらなる関係悪化を招かないか懸念を持っている。リッパート氏は「近隣諸国と関係改善しようとする日本の努力はワシントンで大変評価されているが、特に韓国との関係改善はぜひやってもらいたい」と注文も付けた。
 山口氏はこれに先立ち、カーディン上院外交委員会東アジア・太平洋小委員長と連邦議会内で会談。沖縄県・尖閣諸島をめぐる日中対立などに関し、「対話を通じて平和的な解決を求めるのが原則だが、中国には海洋に関する国際的なルールをしっかり守ってもらわないといけない」との認識で一致した。(2013/09/11-10:19)

« 情報漏洩容疑で聴取 中国当局、朱建栄氏逮捕へ | トップページ | なお29万人が避難=原発事故収束見えず-東日本大震災2年半 »

集団的自衛権」カテゴリの記事