無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« NSC、自衛官が半数 発足時20人 軍事情報の集約強化 | トップページ | 秘密保護法案の概要、政府が自民PTに示す »

2013年9月 2日 (月)

「脱原発、正しかった」 メルケル独首相が福島に言及

せめて、メルケルくらいにでも。

http://www.asahi.com/international/update/0902/TKY201309020042.html
「脱原発、正しかった」 メルケル独首相が福島に言及

 【ベルリン=松井健】ドイツのメルケル首相は1日、22日の総選挙に向けたテレビ討論で、東京電力福島第一原発の放射能汚染水漏れを念頭に「最近の福島についての議論を見て、(ドイツの)脱原発の決定は正しかったと改めて確信している」と述べた。独メディアは汚染水漏れについて批判的に報じている。

 メルケル氏はまた、ドイツが米国主導のシリア攻撃に参加しないとの方針を表明。アサド政権による化学兵器使用は「途方もない犯罪」と批判したが、国際社会が共同で対応する必要があると強調した。国際的な対応について、国連安保理やロシアでの主要20カ国・地域(G20)首脳会議でロシアや中国にも合意を働きかけると述べた。

 発言は、ドイツ連邦軍の海外派遣に消極的な国民世論を考慮したもので、討論に臨んだ最大野党・社会民主党の首相候補、シュタインブリュック前財務相も軍事行動への不参加を表明した。

« NSC、自衛官が半数 発足時20人 軍事情報の集約強化 | トップページ | 秘密保護法案の概要、政府が自民PTに示す »

「国際情勢」カテゴリの記事