無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 琉球新報社説 首相「汚染水発言」 空手形の乱発は無責任だ2013年9月10日 | トップページ | 集団的自衛権行使に期待=米高官、公明代表に表明 »

2013年9月11日 (水)

情報漏洩容疑で聴取 中国当局、朱建栄氏逮捕へ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130911-00000087-san-cn

情報漏洩容疑で聴取 中国当局、朱建栄氏逮捕へ

産経新聞 9月11日(水)7時55分配信

 【北京=矢板明夫】日中関係や中国政治について日本国内のメディアで積極的に発言している東洋学園大教授の中国人学者、朱建栄氏(56)が7月に上海に向かったまま消息を絶っている問題で、朱氏が情報漏洩(ろうえい)の疑いで中国国家安全省の警察に上海市内で拘束され、浙江省の施設で取り調べを受けていることが10日までに分かった。複数の中国筋が明らかにした。ある中国当局者は「容疑が固まり次第、逮捕する」と話している。

 中国情報筋によると、朱氏は昨年まで、日本にある中国人団体の代表を務めた。その際、日本の政府機関から資金援助を受けた見返りに、中国の政治、軍事などに関する機密情報を収集し、提供した疑いがあるという。また、日本で出版した書物に中国で未発表の情報が含まれており、その入手経路も調べられている。さらに、日本の当局関係者との交流についても事情聴取されているという。

 中国共産党筋は朱氏の容疑について「平時なら問題視されないことだが、日中関係が悪化している中、クローズアップされた」としたうえで、拘束は「日本にいる中国人学者に対し、『日本当局者と親密な関係を持つな』と警告する意味がある」と話している。

 中国では、中国社会科学院日本研究所の金煕徳副所長が、2008年の胡錦濤国家主席訪日に先立ち、中国社会科学院が実施した分析などに関する情報を日本当局に提供した疑いで09年に逮捕され、懲役14年の判決を受けている。

« 琉球新報社説 首相「汚染水発言」 空手形の乱発は無責任だ2013年9月10日 | トップページ | 集団的自衛権行使に期待=米高官、公明代表に表明 »

「国際情勢」カテゴリの記事