無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« なお29万人が避難=原発事故収束見えず-東日本大震災2年半 | トップページ | 雑記(298)ススキの穂 »

2013年9月11日 (水)

北岡伸一:“集団的自衛権 容認の提言にしたい”

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130911/k10014444631000.html

“集団的自衛権 容認の提言にしたい”
9月11日 5時8分

政府が初めて策定する「国家安全保障戦略」を検討する有識者懇談会の座長を務める、国際大学の北岡伸一学長は、NHKのインタビューで、政府が憲法解釈上認められないとしてきた集団的自衛権の行使容認を盛り込むよう求める提言にしたいという考えを示しました。

政府は、外交・安全保障政策の基本方針となる「国家安全保障戦略」を初めて策定するため、有識者による懇談会を設置し、12日初会合を開くことにしており、これを前に懇談会の座長を務める国際大学の北岡伸一学長がNHKのインタビューに応じました。
この中で北岡氏は、「国家安全保障戦略」について、「日本の周辺に安定した国際環境を作っていくことと、いざという場合に備えて自衛力も整備しておくことが、車の両輪となるようにしなければならない」と述べました。
そのうえで北岡氏は、政府が憲法解釈上認められないとしてきた集団的自衛権の行使について、「結束していれば個々の国が襲われる可能性が低く、個別的自衛権はよいが集団的自衛権はだめだというのは、最初から間違った考え方だ」と述べ、「国家安全保障戦略」に集団的自衛権の行使容認を盛り込むよう求める提言にしたいという考えを示しました。

« なお29万人が避難=原発事故収束見えず-東日本大震災2年半 | トップページ | 雑記(298)ススキの穂 »

集団的自衛権」カテゴリの記事