無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 集団的自衛権 年内の与党合意「困難」 | トップページ | 民主:憲法含む3調査会拡充 選対委員長に馬淵氏 »

2013年8月31日 (土)

安倍改憲路線に懸念 森元首相「慎重に判断を」

古賀、山崎に続き、あの森までも。
野中や、加藤、河野などはもとよりだが、戦争体験者の動きだ。皆、現役政治家ではないが。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2013083102000121.html

安倍改憲路線に懸念 森元首相「慎重に判断を」

2013年8月31日 朝刊

 森喜朗元首相は三十日、本紙のインタビューに応じ、改憲や集団的自衛権の行使を容認する憲法解釈の見直しに積極的な安倍政権に対し「そこまで踏み込んで良いのかという思いが正直ある」と述べ、慎重な対応を求めた。

 自民党の実力者だった古賀誠元幹事長や野中広務元官房長官らが、改憲発議要件を定めた九六条改憲に反対を表明するなど、自民党内にも改憲に慎重な意見は少なくない。

 森氏は「僕らの世代には、そういう気持ちは少なからずある」と述べ、戦争を知る世代として古賀氏らの考えに近いと表明。その上で「もっと慎重に国民の意見を聞いて判断していくべきだ」と十分な議論をするよう求めた。

« 集団的自衛権 年内の与党合意「困難」 | トップページ | 民主:憲法含む3調査会拡充 選対委員長に馬淵氏 »

改憲動向」カテゴリの記事