無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 雑記(293)芙蓉の花 | トップページ | 元内閣法制局長官・阪田雅裕さん「海外で武力、認める余地ない  解釈改憲は邪道」 »

2013年8月10日 (土)

集団的自衛権行使、全面解禁提言へ 安保法制懇・北岡氏

http://www.asahi.com/politics/update/0810/TKY201308090420.html
集団的自衛権行使、全面解禁提言へ 安保法制懇・北岡氏

 【池尻和生】安倍晋三首相の私的諮問機関「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」(安保法制懇)の座長代理を務める北岡伸一国際大学長が9日の朝日新聞のインタビューで、集団的自衛権行使をめぐる憲法解釈で、全面解禁を提言する意向を明らかにした。解禁した場合の自衛隊の活動は自衛隊法を改正して定めるべきだとの考えも示した。
北岡氏の一問一答

 安保法制懇は2008年に集団的自衛権行使を認め、「米艦への攻撃」など四つの類型への対応を求める提言をした。北岡氏は「情勢が前より切迫している」とし、今回は4類型に限らない考えを示した。

 そのうえで、北岡氏は集団的自衛権行使について「日本が行使することを許される必要最小限度の自衛力に入る。法理的な禁止を全面的に解く」と明言。解禁に伴う具体的な行使の範囲については「全面的な行使容認とするかどうかは、(自衛隊の活動内容を定めた)自衛隊法改正の時の議論になる」と指摘した。さらに「自衛隊法を改正し、予算をつけ、装備を増やして訓練をし、ようやくできる」と語り、解禁即行使ではないことを強調した。

« 雑記(293)芙蓉の花 | トップページ | 元内閣法制局長官・阪田雅裕さん「海外で武力、認める余地ない  解釈改憲は邪道」 »

集団的自衛権」カテゴリの記事