無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 信濃毎日社説 公明党 集団的自衛権が正念場だ | トップページ | 安倍改憲路線に懸念 森元首相「慎重に判断を」 »

2013年8月31日 (土)

集団的自衛権 年内の与党合意「困難」

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2013083002000112.html

集団的自衛権 年内の与党合意「困難」

2013年8月30日 朝刊

 公明党の山口那津男代表は二十九日、共同通信のインタビューで、安倍晋三首相が進める憲法解釈変更による集団的自衛権の行使容認の議論について「世論調査で慎重論が示されている。国民の理解を求めるのは容易でない」と、議論を急ぐべきではないとの意向を表明した。自民党との与党内調整に関し「年内合意」に達するのは難しいとの認識も示した。山口氏は「国民の関心が一番高いのは経済再生と社会保障の持続可能性だ。他のテーマにエネルギーを割いたら期待外れとなってしまう」と語り、政権の優先課題でないと指摘した。

 また「連立政権だから、国民と与党の理解があって、物事を行政権として進めていくのが期待される。政府が一方的に(解釈を)変えることはない」と、安倍首相が設置した有識者懇談会が主導する解釈変更の動きを強くけん制した。

 改憲でなく解釈見直しによる行使容認論には「つじつまが合う体系的な説明ができるのか」と疑問を呈した。

« 信濃毎日社説 公明党 集団的自衛権が正念場だ | トップページ | 安倍改憲路線に懸念 森元首相「慎重に判断を」 »

集団的自衛権」カテゴリの記事