無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 日米2プラス2、10月3日開催=防衛指針再改定に本格着手へ | トップページ | 朝日社説:秘密保全法案―権利の侵害は許されぬ »

2013年8月24日 (土)

【編集日誌】9条改正が本筋ではある

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130824/plc13082408150006-n1.htm

【編集日誌】9条改正が本筋ではある
2013.8.24 08:14

 最高裁判事に就任した山本庸幸・前内閣法制局長官が政府の憲法解釈変更による集団的自衛権の行使容認は困難との、見解表明をして波紋を広げている。

 小松一郎・新長官は23日付朝刊のインタビュー記事で、山本氏の見解について「個人的見解。コメントする立場にない」などと述べるにとどめた。

 最高裁判事が「解釈変更は困難」と見解表明すれば、解釈変更について違憲訴訟でも起こされようものなら、「違憲判決」を出す構えがある、ともとられかねない。問題ではある。

 集団的自衛権の行使は、東アジア情勢の激変の中、安全保障上の喫緊の課題で、解釈変更が手っ取り早いのも理解できる。 しかし、憲法9条の解釈につぐ解釈で、なんとか国を防衛していくのも、そろそろとも思うのは筋ではある。9条の条文は、やはり現実離れし過ぎているのだ。(編集長 近藤豊和)

« 日米2プラス2、10月3日開催=防衛指針再改定に本格着手へ | トップページ | 朝日社説:秘密保全法案―権利の侵害は許されぬ »

集団的自衛権」カテゴリの記事