無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 憲法審査会が原発問題で11年に国民投票を実施したイタリアなどを訪問する。 | トップページ | 【正論】「8・15」に思う 「占領の軛」完全に脱するときだ 参議院議員・中山恭子 »

2013年8月13日 (火)

憲法改正は「歴史的使命」=安倍首相、地元会合で表明

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013081200790
憲法改正は「歴史的使命」=安倍首相、地元会合で表明

 安倍晋三首相は12日、山口県長門市内のホテルで開かれた自身の後援会主催の夕食会であいさつし、「憲法改正に向けて頑張っていく。これが私の歴史的な使命だ」と述べ、首相在任中の改憲実現へ決意を表明した。首相が「歴史的使命」との強い表現を用いて改憲への意欲を示したのは、昨年12月の就任後初めて。

〔写真特集〕宰相の系譜~明治・大正から現在~

 首相は参院選での自民党大勝を受けた先月22日の記者会見で、憲法改正について「腰を落ち着け、じっくり進めていきたい」と、時間をかけて合意形成を目指す考えを強調。その後も、憲法問題では慎重な発言が目立っていた。世論や公明党の反応を意識しているためとみられるが、12日は地元での「身内」の会合とあって踏み込んだようだ。 
 また首相は、消費税率引き上げの是非や環太平洋連携協定(TPP)への参加について、「首相は万民から拍手を得ることはできない。時には厳しい批判も恐れずに決断をしなければならない」と語った。(2013/08/12-21:37)

« 憲法審査会が原発問題で11年に国民投票を実施したイタリアなどを訪問する。 | トップページ | 【正論】「8・15」に思う 「占領の軛」完全に脱するときだ 参議院議員・中山恭子 »

改憲動向」カテゴリの記事