無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 公明代表:集団的自衛権、独自外交で米に「探り」 | トップページ | 「PKO議論にも積極関与」 小松内閣法制局長官一問一答 »

2013年8月23日 (金)

米国務省報道官、マケイン氏の「尖閣は日本領土」発言を否定

http://sankei.jp.msn.com/world/news/130823/amr13082309180003-n1.htm

米国務省報道官、マケイン氏の「尖閣は日本領土」発言を否定
2013.8.23 09:16 [米国]

 【ワシントン=小雲規生】米国務省のサキ報道官は22日、日本を訪れた共和党のマケイン上院議員が、沖縄県・尖閣諸島は「日本の領土だ」と述べたことについて、「米国は(日本と中国の)どちらの側にも立たない。この立場は変わっていない」と話した。日本の領有権を認めたマケイン氏の発言を否定し、従来通りの米国の立場を強調したかたちだ。

 マケイン氏は21日、東京都内で記者団に対し、「尖閣諸島は日本の領土だというのが米議会と米政府の立場だ」と話していた。

 この発言に対して、中国外務省の洪磊報道官は22日、同諸島を「中国固有の領土」とする中国政府の主張を繰り返した上、「この基本的事実を否定する試みはすべて徒労だ。関係する問題と地域情勢の複雑化を避けるため、米議員が無責任な発言をやめるよう忠告する」と反発していた。

« 公明代表:集団的自衛権、独自外交で米に「探り」 | トップページ | 「PKO議論にも積極関与」 小松内閣法制局長官一問一答 »

「国際情勢」カテゴリの記事