無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 安倍改憲路線に懸念 森元首相「慎重に判断を」 | トップページ | NSC、自衛官が半数 発足時20人 軍事情報の集約強化 »

2013年8月31日 (土)

民主:憲法含む3調査会拡充 選対委員長に馬淵氏

民主党憲法調査会会長に枝野幸男氏の復帰とは。これがほんとの、じぇじえじぇだ。
http://mainichi.jp/select/news/20130831k0000m010104000c.html

民主:憲法含む3調査会拡充 選対委員長に馬淵氏

毎日新聞 2013年08月31日 07時30分

 民主党の海江田万里代表は30日、安倍政権と政策面で対立軸を打ち出すため、憲法、社会保障、経済の3分野の調査会を拡充し、会長に閣僚経験者などを充てる方針を固めた。9月の党役員会で提案する。憲法調査会長には海江田氏と距離のある「6人組」の一人・枝野幸男元官房長官を起用する方向で、秋の臨時国会を控え挙党態勢の構築を図る。

 民主党内では参院選惨敗の理由として、自民党と政策面の違いが見えなかったとの指摘が出ており、安倍政権の政策課題にどう向き合うか、意見集約が急務となっている。

 海江田氏は、特に憲法、社会保障、経済の3分野を重視。関連する3調査会は落選した元国会議員や地方議員も参加できるよう拡充し、次期衆院選に向けた政策づくりも進める。

 一方、9月に発足する新執行部人事では、選対委員長に馬淵澄夫幹事長代行、役員室長に荒井聡元国家戦略担当相をそれぞれ起用する方針。高木義明国対委員長の後任には、松原仁国対委員長代行を昇格させる。

 野党転落によりポスト不足は否めず、既存の調査会を拡充し、会長に党内の実力者を充てる。【高橋恵子、光田宗義】

« 安倍改憲路線に懸念 森元首相「慎重に判断を」 | トップページ | NSC、自衛官が半数 発足時20人 軍事情報の集約強化 »

改憲動向」カテゴリの記事