無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 自民、憲法改正へ全国対話も“宣教師”足りない 閣内から動けず | トップページ | 雑記(292)通りで見つけた桔梗の花 »

2013年8月 7日 (水)

護衛艦「いずも」は“軽空母” 中国各紙が警戒感

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5403352.html

護衛艦「いずも」は“軽空母” 中国各紙が警戒感

 海上自衛隊最大の新しい護衛艦「いずも」の進水式が6日に行われたことについて中国の新聞各紙は一斉に報じ、警戒感を示しています。

 中国共産党の機関紙「人民日報」系の「環球時報」は社説で、「『いずも』は護衛艦の名前を掲げた軽空母で、日本が軍事大国に復帰する強い念願の象徴だ」と批判しました。その上で、「日本は戦後の平和の道から離れる意欲を示し、中国にとって現実的なトラブルになる可能性が高い」として、中国海軍の強化を訴えました。

 また、中国人民解放軍の機関紙「解放軍報」も、「中国への侵略戦争に参加した艦船の名前をつけたことに政治的な意味がないわけがない」という専門家の分析を紹介し、警戒感を示しています。(07日12:49)
この記事を印刷

« 自民、憲法改正へ全国対話も“宣教師”足りない 閣内から動けず | トップページ | 雑記(292)通りで見つけた桔梗の花 »

「国際情勢」カテゴリの記事