無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 日中関係、緊迫局面へ=安倍長期政権前提に戦略-中国【13参院選】 | トップページ | 毎日 社説:靖国と安倍外交 参拝は控え基盤強化を »

2013年7月22日 (月)

集団的自衛権、連立の火種=公明、行使容認に難色【13参院選】

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013072200742
集団的自衛権、連立の火種=公明、行使容認に難色【13参院選】

 安倍晋三首相は参院選勝利を受け、持論である集団的自衛権の行使を可能にするための憲法解釈見直しに取り組む方針だ。自民党は行使容認に向け、国家安全保障基本法案の概要を取りまとめており、首相は22日の記者会見で、政府が同法案を提出して成立を図る意向を明らかにした。ただ、行使容認には公明党が強い難色を示しており、連立政権の火種となりそうだ。 
 首相は22日の会見で、「抽象概念で話をしていると国民は分かりにくい」として、日本近海を航行する米軍艦船がミサイル攻撃を受け、近くに海上自衛隊のイージス艦が展開しているケースを例示。「ミサイルを落とす能力がイージス艦にのみあった場合、撃ち落とさなくていいのか。これで同盟関係は維持できるか」と問題提起した。その上で「それがいつ起こるか分からない状況だ」と述べ、検討を急ぐ必要があると強調した。
 政府は2月、第1次安倍内閣で設置した集団的自衛権に関する有識者懇談会を再開。8月にも開かれる次回会合以降、第三国に向かう可能性のあるミサイルの迎撃など既存の「4類型」に加え、テロやサイバー攻撃への対処に関する議論を本格化させ、秋にも報告書をまとめる見通しだ。
 これを受け、首相は集団的自衛権の行使を禁じた憲法解釈の変更に踏み切るとともに、行使容認を法的に担保する安保基本法の早期制定を目指す考えとみられる。
 しかし、公明党の山口那津男代表は22日の会見で、行使容認について「明確な一線を越える考え方だ」とした上で、「どう国民や国際社会に影響を与えるのか、議論が十分にされていない」とくぎを刺した。首相も「公明党の理解を得る努力も積み重ねていきたい」としており、与党内調整には時間を要しそうだ。
 政府が年内に策定する新たな防衛計画大綱をめぐっても、自民党は首相に、北朝鮮を念頭に敵基地攻撃能力の保有を検討するよう提言。公明党は保有に慎重な立場を取っており、調整の難航が予想される。
 外交・安全保障政策の司令塔と位置付ける日本版NSC(国家安全保障会議)の創設も課題だ。衆院で継続審議となっているNSC設置の関連法案について、政府・与党は秋の臨時国会での成立をにらむ。政府は並行して、安全保障や治安に関する秘密情報を保全するための特定秘密保全法案を成立させたい考え。ただ、機密を漏えいした公務員に厳罰を科すことには「国民の知る権利が阻害される」と報道機関や弁護士会などが反発しており、成否は不透明だ。(2013/07/22-17:16)

« 日中関係、緊迫局面へ=安倍長期政権前提に戦略-中国【13参院選】 | トップページ | 毎日 社説:靖国と安倍外交 参拝は控え基盤強化を »

集団的自衛権」カテゴリの記事