無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 尖閣問題 平和的解決を 各界著名10氏がアピール | トップページ | 【参院選2013】憲法、外交、教育、道州制…安倍政権、政策実行の行方は »

2013年7月 2日 (火)

憲法改正考:自民、改憲草案見直しへ 発議要件・表現の自由焦点

http://senkyo.mainichi.jp/news/20130702org00m010004000c.html

憲法改正考:自民、改憲草案見直しへ 発議要件・表現の自由焦点

2013年07月02日

 自民党は2012年4月に発表した憲法改正草案を見直す方向で検討に入った。複数の同党幹部が明らかにした。96条に定められた憲法改正の発議要件を衆参各院の3分の2以上の賛成から過半数に緩和するための改正などに党内外から批判が出ているためで、参院選後に本格的な作業に着手する見通し。発議要件の緩和方法や、21条に定められた表現の自由の制限を盛り込んだ是非などが焦点になりそうだ。(2面に「憲法改正考」)

 同党の船田元(はじめ)憲法改正推進本部長代行は毎日新聞の取材に、「昨年の衆院選でたくさん当選した新人の意見も取り入れられていない。改憲草案は金科玉条ではなく、議論して変える部分があってもいい」と語った。憲法改正を推進してきた幹部が見直しに言及しているのは、党内の不満が96条の改正にとどまらず、草案全般へ波及しているからだ。

 6月13日の衆院憲法審査会では、同党の河野太郎氏が「憲法の名を借りて国民の権利を制限したり、義務を課したりするのは今の日本にはふさわしくない」と公然と批判した。

 見直しの焦点の一つになりそうなのが96条改正のあり方。安倍晋三首相は同月16日(日本時間17日)、ワルシャワ市内で記者団に、「平和主義、基本的人権、国民主権は3分の2のままに据え置くことも含めて議論していく」と語り、条文によって発議要件を変えることも検討する考えを示した。公明党への配慮という側面もある。

 表現の自由に関しては、草案が「公益及び公の秩序を害することを目的とした活動」などは認めないと規定していることに対して、「国が恣意(しい)的に活動を制限できることにつながりかねない」などの批判が出ている。このほか、天皇を元首とすることや、自衛隊の名称を国防軍に変更することにも異論が出ている。【木下訓明、念佛明奈】

http://mainichi.jp/select/news/20130702ddm002010151000c.html
http://mainichi.jp/select/news/20130702ddm002010151000c2.html

憲法改正考:/上 「野党・自民」草案右傾化 党内に異論・不満も

毎日新聞 2013年07月02日 東京朝刊

 自民党が野党時代の2012年に策定した憲法改正草案は、前文で「家族の助け合い」など道徳をうたう。災害などの緊急事態時には政府に法律と同効果の政令制定権を与えたほか、国民にも憲法尊重擁護義務を課した。保守色を前面に出したこうした規定は、同党が高い支持を得ていた小泉政権時の05年に策定した「新憲法草案」にはなかった。なぜ草案は大きく変わったのか??。

 「12年案の起草時は民主党政権で、我々は野党。政権奪還を目指し、選挙で保守層に呼びかける意図があったのは間違いない」。野党時に党執行部だったベテラン議員はこう語り、12年草案は05年案に比べて保守色を強めたと指摘した。

 09年8月の衆院選で野党に転落した自民党は「存続の危機」に立たされていた。党執行部による党内秩序維持の「道具」であった閣僚などの政務三役ポストは民主党に奪われ、国会の委員長ポストも野党に割り振られるのは衆院懲罰委員長などわずか。

 党所属の衆院議員は119人に激減したが、ほとんどが重鎮・ベテランとなり、党内基盤の弱い谷垣禎一総裁ら当時の執行部は、野党転落前にはなかった党役員・役職ポストを大量に新設した。当時の党幹部は「野党になった自民党を維持するには『ポスト』『仕事』『部屋』が必要だった。憲法改正推進本部の設置と憲法改正草案起草もその一つだった」と振り返り、野党に転落した自民党の求心力を保つための苦肉の策だったと明かす。

 当時は自民党に所属し05年案を手がけた舛添要一新党改革代表は「与党自民党時代は野党の中道左派にまでウイングを広げなければ改憲は不可能だった。しかし野党になって民主党政権との違いをアピールするために言いたいことを言った結果、右寄りの草案ができた」と指摘した。

 広範で活発な党内議論が行われた形跡も乏しい。12年草案の策定を主導した保利耕輔(ほりこうすけ)憲法改正推進本部長は、憲法改正の発議要件を衆参両院の3分の2以上から過半数に緩和することには慎重で、5分の3以上への引き下げを当初は提案していた。しかし、「6割6分(3分の2)と6割(5分の3)では大して変わらない」「6割では発議は依然として困難だ」などの意見に押され、草案は過半数に決まった。

 ところが、過半数への異論が出る事態となり、安倍晋三首相も条文ごとに緩和要件を変えることを検討する考えを示すなど、深みを持った議論が行われたとは言い難い。
自民党中堅議員は「地元の支持者には自民党の改正草案を『最近、初めて知った』という人が多い。あまりに保守色が強すぎて評判はよくない」とこぼす。

 党重鎮議員も「12年案のいい、悪いは別にして、落選していた仲間も帰ってきて、新人も増えた。もう一度党内でオーソライズ(承認)すべきだ」と述べ、12年案の見直しは避けられないとの認識を示した。

==============

 ■ことば
 ◇自民党憲法改正草案

 自民党は2005年にまとめた新憲法草案を、12年に憲法改正草案に改定した。保守色を鮮明にしたのが特徴。天皇は元首とし、9条の「戦争放棄」は維持したが、自衛隊を「国防軍」と明記。21条の表現の自由では、「公益及び公の秩序を害することを目的とした活動」などは認められないと規定した。憲法改正の発議要件は、96条の現行規定である衆参各院の「3分の2以上」の賛成を「過半数」に緩和。安倍晋三首相は96条の先行改正を目指したが、世論の反発で現在は後退させている。

« 尖閣問題 平和的解決を 各界著名10氏がアピール | トップページ | 【参院選2013】憲法、外交、教育、道州制…安倍政権、政策実行の行方は »

改憲動向」カテゴリの記事