無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 「安倍カラー」は封印=歴史認識でのぞく本音【13参院選】 | トップページ | 憲法改正考:自民、改憲草案見直しへ 発議要件・表現の自由焦点 »

2013年7月 2日 (火)

尖閣問題 平和的解決を 各界著名10氏がアピール

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-07-02/2013070204_03_1.html
尖閣問題 平和的解決を  各界著名10氏がアピール

 尖閣諸島(中国名・釣魚島)の領有権をめぐり日中両政府が対立し、不測の事態も懸念されるなかで、各界著名10氏が1日、「平和的な話し合いを通じて尖閣問題の解決を」と、両国政府と国民へのアピールを発表しました。

 アピールは、池辺晋一郎(作曲家)、上里賢一(琉球大学名誉教授)、大城立裕(作家)、ジェームス三木(脚本家)、進藤榮一(筑波大学名誉教授)、辻井喬(詩人・作家)、長尾光之(日本中国友好協会会長)、森村誠一(作家)、安井三吉(神戸大学名誉教授)、山田洋次(映画監督)の10氏が呼びかけたものです。

 アピールは、「両国の発展を願う立場から、何としても武力による衝突を避け、早期にこの局面を打開する」よう主張。すべての紛争を平和的手段によって解決し、武力または武力による威嚇に訴えないことを確認した1978年の日中平和友好条約にしたがい、両国政府に「慎重に行動すること、直ちに話し合いを始めること」を求めています。

 日本中国友好協会の田中義教理事長は「紛争の平和的解決は、憲法第9条、国連憲章の原則でもあります。あくまで外交の力で解決すべきです。このアピールを広範な国民へ広げていきたい」と話しています。

« 「安倍カラー」は封印=歴史認識でのぞく本音【13参院選】 | トップページ | 憲法改正考:自民、改憲草案見直しへ 発議要件・表現の自由焦点 »

「国際情勢」カテゴリの記事