無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 【変わるか日本 参院選 外交・防衛(2)】重い離島防衛「国防軍」待ったなし | トップページ | 南西諸島防衛:陸自新部隊の拠点、辺野古を検討 »

2013年7月12日 (金)

首相 領土・領海守る決意強調

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130712/k10015999941000.html
首相 領土・領海守る決意強調
7月12日 16時10分

安倍総理大臣は今月15日の海の日を迎えるにあたってメッセージを発表し、「『海に守られた国』から『海を守る国』へという考え方のもと、法の支配に基づく自由で開かれた海の秩序を守っていく決意だ」として、領土・領海を守る決意を強調しています。

これは菅官房長官が12日、記者会見で発表したものです。
メッセージで、安倍総理大臣は「わが国の海洋では、世界初のメタンハイドレートの産出試験が成功するなど、海洋資源開発への期待が大きく高まる一方、領海を巡る挑発など安全保障環境が一層厳しさを増している」と指摘しています。
そして「わが国としては、『海に守られた国』から『海を守る国』へという考え方のもと、海上交通ルートや海洋権益を守るとともに、力による現状変更を認めず、法の支配に基づく、自由で開かれた海の秩序を守っていく決意だ」としています。
政府は、海洋基本計画が決定された平成20年以降、海の日を迎えるにあたって、毎年、総理大臣のメッセージを発表しています。
ことしは、海の大切さを訴えるだけでなく領土・領海を守る決意を強調するものになりました。

« 【変わるか日本 参院選 外交・防衛(2)】重い離島防衛「国防軍」待ったなし | トップページ | 南西諸島防衛:陸自新部隊の拠点、辺野古を検討 »

「国内情勢」カテゴリの記事