無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 首相:96条に再言及 自民草案、見直しに柔軟 | トップページ | 世論調査、改憲反対38%に増加 自民比例29%、民主7% »

2013年7月 8日 (月)

参院選:「改憲賛成」公明70% 候補者アンケート

http://mainichi.jp/select/news/20130707k0000m010091000c.html

参院選:「改憲賛成」公明70% 候補者アンケート

毎日新聞 2013年07月07日 09時00分

 毎日新聞は参院選(21日投開票)の立候補者を対象に、重要な政策課題に関するアンケートを実施した。憲法改正への賛否を聞いたところ、公明党候補者の70%が「賛成」と回答、9条改正についても50%が「賛成」と答えた。憲法に新たな条文を加える「加憲」に限っての賛成とみられるが、同党内で改憲機運が高まっていることが浮き彫りになった。自民党が党憲法草案に盛り込んだ「国防軍」については、自民党候補者の間でも十分に浸透していないことが分かった。

 アンケートは公示日前日の3日までに選挙区と比例代表の立候補予定者416人から回答を得て集計した。立候補者433人に対する回収率は96%。

 憲法改正への賛否では、回答者の58%が「賛成」と答え、「反対」の35%を上回った。自民党は無回答だった1人を除き全員が「賛成」。日本維新の会も全員が「賛成」で、みんなの党も「賛成」が79%と高率だった。民主党は「反対」が50%で、「賛成」の24%の倍以上。生活の党も「反対」が多く、共産、社民、みどりの風の各党は全員が「反対」と答えた。9条改正では、改正案をめぐる議論が多様化していることから、「自衛隊の役割や限界を明記すべきだ」と「自衛隊を他国同様の『国防軍』にすべきだ」の二つの改正賛成と、「反対」の三つの選択肢から回答してもらった。

 自民党で「国防軍創設改正」を選んだのは49%にとどまり、「自衛隊明記改正」の41%と同水準だった。国防軍創設は自民党が昨年発表した憲法改正草案の柱の一つだが、候補者の間に十分に浸透しているとは言い難い状況だった。

 公明党では、9条改正で50%が「自衛隊明記改正」を選択、「改正反対」は40%で、「国防軍創設改正」はいなかった。3年前の前回参院選時は、9条改正に「賛成」10%、「反対」85%で、大きく様変わりした。

 また、同党の「改憲」賛成は7割に上ったが、3年前は「賛成」は45%にすぎず、40%が「反対」だった。改憲に強い意欲を持つ安倍晋三首相の影響で、賛成が増えている面もありそうだ。

 改憲の発議要件を衆参各院の「3分の2以上の賛成」から、「過半数の賛成」に引き下げる96条改正については、自民党候補者の71%、維新の93%、みんなの67%が「賛成」と回答した。一方、公明党を含め他党の賛成はゼロで、96条改正には異論が強いことをうかがわせた。

« 首相:96条に再言及 自民草案、見直しに柔軟 | トップページ | 世論調査、改憲反対38%に増加 自民比例29%、民主7% »

改憲動向」カテゴリの記事