無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 雑記(287)キュウリの雄花 | トップページ | 雑記(289)百合の仲間?交配種でしょうか。名前は? »

2013年6月 9日 (日)

発議要件緩和、9条は除外も=月刊誌インタビューに-安倍首相

安倍は公明党の抱き込みに必死です。国民投票は公明党(創価学会)の支持なしに、自民党に成算はありません。
今後もあがくでしょう。しかし、これでは法案の体をなしません。批判を強めましょう。

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013060800250
発議要件緩和、9条は除外も=月刊誌インタビューに-安倍首相

 安倍晋三首相は10日発売の月刊誌「Voice」のインタビューで、憲法改正の発議要件を衆参両院のそれぞれ過半数の賛成に緩和する自民党の96条改正案に関し、戦力不保持を定めた9条など、改正に特に反対や慎重論が強い条文は除外することも選択肢との考えを示した。96条の先行改正に慎重な公明党の理解を得る狙いとみられる。
 首相はこの中で「自民党内に、発議要件を衆参両院の3分の2以上にする場合と、2分の1以上にする場合に分けてはどうかという案がある」と指摘。具体的には、9条や人権に関する条文を改正する場合の発議要件を、現行の「3分の2以上の賛成」に据え置く案に言及した。首相は「憲法改正は自民党だけでできるものではない。さまざまな意見を聴いていく必要がある」とも語った。
 インタビューは5月17日に行われた。 (2013/06/08-17:15)

« 雑記(287)キュウリの雄花 | トップページ | 雑記(289)百合の仲間?交配種でしょうか。名前は? »

改憲動向」カテゴリの記事