無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 雑記(279)なんじゃもんじゃの花 | トップページ | 改憲見据え、長期戦略も 首相、96条改正へ まず多数派形成 »

2013年5月 2日 (木)

改憲手続き緩和 賛成38%、反対54% 世論調査

朝日の記事、レイによって全文はサイトで読めないけど。
明日の憲法記念日へ、日本の民衆からの贈り物です。森さんは、意外と言うけど、ずっとそうだったんだよ。
http://www.asahi.com/politics/update/0501/TKY201305010546.html
改憲手続き緩和 賛成38%、反対54% 世論調査

 憲法記念日を前に朝日新聞社は全国郵送世論調査を行い、憲法に関する有権者の意識を探った。それによると、憲法96条を変え、改憲の提案に必要な衆参各院の議員の賛成を3分の2以上から過半数に緩める自民党の主張について、反対の54%が賛成の38%を上回った。9条についても「変えない方がよい」が52%で、「変える方がよい」の39%より多かった。
雨宮処凛さん「人間1人の思考なら矛盾」森達也さん「9条変えない意見多いのは意外」浦部法穂さん「今の議員に憲法いじる資格ない」

 96条の改正要件緩和については、自民党が昨年作った憲法改正草案で主張。最近は安倍政権も唱えているが、有権者は慎重であることが浮かび上がった。

 衆院と参院の一票の格差が是正されない状態で選ばれた議員が改憲の提案をすることについて尋ねると、「問題だ」が54%、「問題ではない」が38%。改憲手続き緩和の自民党の主張に賛成の層でも、44%が「問題だ」と答えた。

« 雑記(279)なんじゃもんじゃの花 | トップページ | 改憲見据え、長期戦略も 首相、96条改正へ まず多数派形成 »

改憲動向」カテゴリの記事