無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 雑記(284)クジャクサボテンの花 | トップページ | 雑記(285)アジサイとホタルブクロ »

2013年5月26日 (日)

海江田氏 アベノミクスの副作用と批判

バブルが踊っている。バブルは早晩、必ずはじける。人びとはそれを知りながら付いていく。ハーメルンの笛吹男の物語のように。
お食事会をしたメディアは批判の矛先が鈍っている。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130525/k10014843541000.html

海江田氏 アベノミクスの副作用と批判
5月25日 19時31分

民主党の海江田代表は、福岡県宗像市で記者団に対し、株価や長期金利が乱高下するなど、このところ金融市場で不安定な動きが出ていることについて、安倍政権の経済政策=アベノミクスの副作用だと批判しました。

この中で、海江田代表は、株価や長期金利が乱高下するなど、このところ金融市場で不安定な動きが出ていることに関連して、「異次元の金融緩和を行えば、副作用が出るのは当たり前だ。誰が考えても当然のことに目をつぶるのは、国民のためにならない」と述べました。
そのうえで、海江田氏は、「安倍総理大臣には、アベノミクスの副作用への対応をしっかりやらなければならないという認識がないようだ。もし安倍総理大臣が『副作用など、どうということがない』と考えているならば、まさにそうした考え方こそがリスクだ」と述べました。
また、海江田氏は、日本維新の会の橋下共同代表が、沖縄のアメリカ軍の幹部に風俗業の活用を進言した発言を撤回する考えを示したことについて、「橋下氏のこの間の発言は常軌を逸しており、いちいちコメントするつもりはない。発言内容自体が支離滅裂だ」と述べました。

« 雑記(284)クジャクサボテンの花 | トップページ | 雑記(285)アジサイとホタルブクロ »

「国内情勢」カテゴリの記事