無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 橋下氏 自民の憲法観は危険 | トップページ | 雑記(281)やまももの実が赤みを帯びてきました »

2013年5月13日 (月)

「慰安婦は必要だった」「侵略、反省とおわびを」橋下氏

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130513-00000008-asahi-pol

「慰安婦は必要だった」「侵略、反省とおわびを」橋下氏

朝日新聞デジタル 5月13日(月)11時48分配信

 日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長は13日午前、戦時中の旧日本軍慰安婦について「銃弾が雨嵐のごとく飛び交う中で命をかけて走っていくときに、どこかで休息をさせてあげようと思ったら、慰安婦制度は必要なのは誰だってわかる」と述べ、慰安婦は必要だったとの認識を示した。大阪市役所で記者団に語った。

 また、橋下氏はアジア諸国に対する反省とおわびを表明した村山談話については「日本は敗戦国。敗戦の結果として、侵略だと受け止めないといけない。実際に多大な苦痛と損害を周辺諸国に与えたことも間違いない。反省とおわびはしなければいけない」と指摘。

 一方で、安倍晋三首相が「侵略の定義は定まっていない」と主張している点について「学術上、定義がないのは安倍首相が言われているとおり」と述べ、理解を示した。

« 橋下氏 自民の憲法観は危険 | トップページ | 雑記(281)やまももの実が赤みを帯びてきました »

「国内情勢」カテゴリの記事