無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 琉球新報社説 RSSiconオスプレイ「無違反」 ざる法もここに極まれり2013年5月28日 | トップページ | 憲法改正:96条先行、慎重に まずは国民的論議を−−中山元衆院憲法調査会長&古賀元幹事長 »

2013年5月30日 (木)

防衛大綱提言を決定=自民

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013053000200
防衛大綱提言を決定=自民

 自民党は30日午前、国防部会と安全保障調査会の合同会議を開き、政府が年内に策定する新防衛計画大綱に関する提言をまとめた。6月上旬に首相官邸に申し入れる。
 提言は、北朝鮮の核・ミサイル開発を踏まえ、敵基地攻撃能力の保持の検討を打ち出した。また、離島防衛を強化するため、水陸両用部隊の編成など自衛隊に「海兵隊」的機能を持たせることや、尖閣諸島に近い先島諸島(沖縄県)に、航空部隊の運用基盤を整備する方針を盛り込んだ。(2013/05/30-09:48)

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130530/plc13053010120005-n1.htm

「敵基地攻撃能力保持を」 自民、防衛大綱見直しへ提言
2013.5.30 10:11

 自民党の安全保障調査会と国防部会は30日、政府の新たな「防衛計画の大綱」策定に向けた提言をまとめた。防衛政策の基本的概念として、従来の「動的防衛力」に代わり「強靱(きょうじん)な機動的防衛力」を提示。島嶼(とうしょ)防衛強化を打ち出したほか、日本を標的とする弾道ミサイル発射基地など策源地(敵基地)攻撃能力の保有について「検討を開始し、速やかに結論を得る」とした。

 今後党内手続きを経て、6月上旬にも安倍晋三首相に提出。これを受け、防衛省は同月中に大綱見直しの中間報告を取りまとめる。

 「防衛を取り戻す」と題した提言は、中国の海洋進出や北朝鮮の核・ミサイル開発を強く意識。沖縄県の尖閣諸島など離島奪還を想定し、垂直離着陸型輸送機オスプレイや水陸両用車を備えた「海兵隊的機能」の保持、部隊を迅速に展開させるための輸送能力の大幅拡充などを打ち出した。

 ミサイル迎撃能力を高めるため、地対空誘導弾パトリオット(PAC3)やイージス艦の増強を進言。海上自衛隊・自衛艦隊や航空自衛隊・航空総隊と同様に、陸上自衛隊の一体的な運用性を高めるための「陸上総隊」新設も検討課題に挙げた。

« 琉球新報社説 RSSiconオスプレイ「無違反」 ざる法もここに極まれり2013年5月28日 | トップページ | 憲法改正:96条先行、慎重に まずは国民的論議を−−中山元衆院憲法調査会長&古賀元幹事長 »

「国内情勢」カテゴリの記事