無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 公明党、96条先行は「慎重に」 憲法見解が判明 | トップページ | 国民共同で96条改正阻止=市田共産書記局長 »

2013年5月 1日 (水)

長島氏、民主憲法調査会副会長に 細野氏の説得で渋々受諾

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130501/stt13050101120000-n1.htm

長島氏、民主憲法調査会副会長に 細野氏の説得で渋々受諾
2013.5.1 01:11

 民主党は30日、党憲法調査会の副会長として新たに長島昭久元防衛副大臣を加える人事を決めた。長島氏は憲法改正の発議要件を定めた憲法96条の先行改正に前向きで改憲派の一人。今回の人事について、執行部は党内の改憲派を押さえ込む一環とみられるが、長島氏は細野豪志幹事長から「最大限配慮する」と説得されて受けた経緯があり、党内の意見集約はかえって混乱する可能性がある。

 海江田万里代表は30日、都内で記者団に「96条だけの改正はおかしいと前から申し上げてきた」と強調した。執行部は7日に憲法調査会の役員会、8日に総会をそれぞれ開き、96条改正について議論する9日の衆院憲法審査会で意見表明する段取りを描く。

 一方の長島氏は、新憲法制定議員同盟主催の会合で自らを「民主党改憲派」と表明、「憲法前文を改正せずして日本の独立自存はありえない」と訴えた。

« 公明党、96条先行は「慎重に」 憲法見解が判明 | トップページ | 国民共同で96条改正阻止=市田共産書記局長 »

改憲動向」カテゴリの記事