無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 「環境権」とセットも=96条改正で菅官房長官 | トップページ | 96条改正 憲法の専門家に聞く »

2013年5月 9日 (木)

「9条、2年議論して予備的国民投票を」維新・橋下氏

http://www.asahi.com/politics/update/0509/OSK201305090028.html
「9条、2年議論して予備的国民投票を」維新・橋下氏

■橋下徹・日本維新の会共同代表 

 憲法9条はとてつもない大議論のテーマになる。単純に政治家が改正案を発議して国民投票で一発で決着をつけるのは、プロセスとして幼稚だ。1度否決されたら2度目は難しい。プロセスをきちんと踏んで丁寧にやっていかないと、国民はついてこない。国民とのキャッチボールは国民投票しかない。僕は2年間議論して(9条を改正するかどうかの)予備的な国民投票をすべきだと言っている。参院選で改憲勢力が3分の2を取れなくても、予備的な国民投票はやったらいい。今は憲法改正の国民投票だけで、一般案件についての国民投票の手続きが決まっていない。自民党にも説明して、国民投票法の改正をしないといけない。(大阪市役所での記者会見で)

« 「環境権」とセットも=96条改正で菅官房長官 | トップページ | 96条改正 憲法の専門家に聞く »

改憲動向」カテゴリの記事