無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 改憲見据え、長期戦略も 首相、96条改正へ まず多数派形成 | トップページ | 論戦・憲法:/2 要件でなく議員の問題 江田五月・民主党最高顧問 »

2013年5月 2日 (木)

論戦・憲法:/3 「平和主義」3分の2で 北側一雄・公明党憲法調査会長

http://mainichi.jp/select/news/20130502ddm005010145000c.html
http://mainichi.jp/select/news/20130502ddm005010145000c2.html

論戦・憲法:/3 「平和主義」3分の2で 北側一雄・公明党憲法調査会長

毎日新聞 2013年05月02日 東京朝刊
 ◇北側一雄(きたがわ・かずお)公明党憲法調査会長

 −−衆参両院で3分の2以上の賛成、国民投票で過半数の賛成が必要という憲法改正手続きを定めた96条について、公明党はどのような議論をしていますか。

 ◆まず、憲法とは権力から国民の人権や自由を守る立憲主義に基づいたもので、さまざまな法規範の中の最高法規であるということを前提にしている。海外では憲法の改正を、一般の法律の改正よりも要件を加重しているところが大半だ。これを「硬性」というが、党内では硬性を維持すべきだという意見が多い。

 −−硬性を維持するとはどういう意味ですか。

 ◆法律と比較して、加重された要件であれば硬性だということだ。それが3分の2でなければ絶対にいけないのか。改正しようとする条項によって要件を変えることも一つの方法かもしれない。日本国憲法では、国民主権、基本的人権の尊重、平和主義を三原理といっている。ここはやはり3分の2でなければいけない。三原理以外はもう少し緩和し、3分の2よりも下げた手続きでやることも議論の余地があるのではないか。

 −−96条だけの先行改正を目指す動きがあります。

 ◆国民から見てわかりにくいのではないか。憲法のどの条項についてどう変えたい、付け加えたいと具体的な形を示すことが大事だ。手続きだけの改正では国民に理解されない。また、96条改正についてはあまり関心がない国民が多いのではないか。

 −−党内論議はいつまでにどのような形でまとめますか。

 ◆私たちは日本国憲法を戦後の日本の平和と発展に大きく寄与してきたと評価している。国民の間にも定着している。ただ、時代の大きな変化の中で、憲法制定時には想定しなかった課題も生じている。憲法にさらに条項を加えていく考え方が私たちの主張する加憲だ。どこを加憲するのか党としてしっかりと議論してまとめていきたい。1カ月や2カ月の話ではなく、しっかりと国会の憲法審査会での議論と並行しながら、具体的に提案したい。

 −−安倍晋三首相は憲法改正問題を参院選の争点にしたいと発言しています。

論戦・憲法:/3 「平和主義」3分の2で 北側一雄・公明党憲法調査会長

毎日新聞 2013年05月02日 東京朝刊

 ◆国民が自公政権に何を最優先で求めているのかと考えたときに、まずは経済の立て直しではないか。経済再生に向けてやらなければならないことはまだまだいっぱいある。東日本大震災の復興を加速することも大きな課題だ。各政党が憲法論をしっかり交わすことは大事であり、参院選で憲法改正を公約に掲げるのも結構だ。ただ、優先順位では今は経済の立て直しと震災復興ではないか。参院選が終わってすぐに憲法改正が政治課題に上がってくるわけではないと思っている。

 −−参院選で憲法改正について党としての考えを示す方針はありますか。

 ◆これだけ96条の問題が話題になっているので、96条改正についてどう考えていくかは示さないといけないと思っている。

 −−憲法改正論議で与党の公明党が果たすべき役割は何ですか。

 ◆憲法の三原理はこれからも維持しないといけない。我々の考え方と違うところがあればしっかり議論させていただきたい。【聞き手・仙石恭、福岡静哉】=つづく

« 改憲見据え、長期戦略も 首相、96条改正へ まず多数派形成 | トップページ | 論戦・憲法:/2 要件でなく議員の問題 江田五月・民主党最高顧問 »

改憲動向」カテゴリの記事