無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 「軍事力なしに国は成立せず」橋下氏、石原氏発言に理解 | トップページ | 公明 意見集約は保留 96条改正 »

2013年4月 6日 (土)

安倍首相:予算委で持論「占領軍が作った憲法」

http://mainichi.jp/select/news/20130406k0000m010135000c.html

安倍首相:予算委で持論「占領軍が作った憲法」

毎日新聞 2013年04月06日 09時00分

 「占領軍が作った憲法だったことは間違いない。形式的にはそうではないが、占領下に行われたのは事実だ」

 安倍晋三首相は5日午前の衆院予算委員会で、現行憲法に関する持論をぶった。

 首相は7月の参院選後をにらみ、憲法96条の定める改憲の発議要件を衆参各院の「3分の2以上」から「過半数」に緩和する方針を示しているが、もともとは「自主憲法制定」が悲願。「(占領下の)7年間に憲法や教育基本法、国の形を決める基本的な枠組みができた。(独立時に)真の独立国家をつくる気概を持つべきではなかったか」と冗舌だった。

 質問したのは民主党の細野豪志幹事長。サンフランシスコ講和条約締結から61年となる今月28日に政府が「主権回復の日」の式典を開くことに絡め「私は憲法を前向きに評価する。戦後の認識が自民と民主で違う」と憲法観の違いを強調した。

 式典には、主権回復後も占領下に置かれた沖縄から反発も出ている。首相は「昨年が60年の節目だったが(民主党政権下で)できなかった。毎年やる式典ではない」と来年以降の開催には慎重な考えを表明。沖縄が返還された5月15日の式典開催も「考えていかなければならない」と沖縄への配慮を示した。

« 「軍事力なしに国は成立せず」橋下氏、石原氏発言に理解 | トップページ | 公明 意見集約は保留 96条改正 »

改憲動向」カテゴリの記事