無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 96条見直し議論開始=公明党憲法調査会 | トップページ | 安倍首相:予算委で持論「占領軍が作った憲法」 »

2013年4月 6日 (土)

「軍事力なしに国は成立せず」橋下氏、石原氏発言に理解

http://www.asahi.com/politics/update/0405/OSK201304050084.html

「軍事力なしに国は成立せず」橋下氏、石原氏発言に理解

 日本維新の会の橋下徹共同代表は5日、石原慎太郎共同代表が朝日新聞のインタビューに「日本は強力な軍事国家、技術国家になるべきだ」と語ったことについて「軍事力も、そういう技術も持たない、技術供与もしないという安全保障観では国は成立しない」と理解を示しつつ、「日本の技術を防衛力に生かしたらいい。いわゆる軍国主義とは全く違う」と指摘した。

 「軍事国家」の言葉について「石原代表は作家だからそういう言葉を使われているが、表現の仕方は注意しなければならない。解釈の幅が広いので言い方によっては誤解を生む。丁寧に説明しなきゃいけない」と述べた。市役所で記者団に語った。

« 96条見直し議論開始=公明党憲法調査会 | トップページ | 安倍首相:予算委で持論「占領軍が作った憲法」 »

改憲動向」カテゴリの記事