無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 左傾化にカジ…プリンス細野氏に風当たり強く | トップページ | 雑記(276)シランとアメリカハナミズキ »

2013年4月 9日 (火)

公明 96条巡る発言に警戒感

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130409/k10013775981000.html

公明 96条巡る発言に警戒感

国会が憲法改正を発議する要件を定めた憲法96条を巡って、菅官房長官が、改正したうえで、憲法に「環境権」を加えることを目指す考えを示したことに対し、公明党からは、「96条の改正に慎重な公明党の協力を得るねらいがあるのではないか」などと警戒する声が出ており、真意を慎重に見極めたいとしています。

憲法96条は、国会が憲法改正を発議するには、衆参両院のそれぞれで、すべての議員の「3分の2以上の賛成」が必要と定めていて、安倍総理大臣がこの条文を改正して要件を緩和することに優先的に取り組む考えを示していますが、公明党は「9条の改正につながりかねない」として慎重な立場です。
こうしたなか、菅官房長官は8日、夏の参議院選挙のあとに、96条の改正を実現したうえで、憲法に「環境権」を加えることを目指す考えを示しました。
これに対し、公明党からは「公明党が憲法に加えることを検討している環境権を取り上げることで、96条の改正に協力を得るねらいがあるのでははないか」などと警戒する声が出ています。
また、党幹部の1人は、「憲法に環境権を加えることには多くの国会議員が賛成するはずであり、96条の改正は必要ない」と指摘しており、公明党は菅官房長官の発言の意図を慎重に見極めたいとしています。

« 左傾化にカジ…プリンス細野氏に風当たり強く | トップページ | 雑記(276)シランとアメリカハナミズキ »

改憲動向」カテゴリの記事