無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 秘密保全法案 首相「早期に国会提出」 | トップページ | 中国軍艦「尖閣周辺を航行」=遠洋訓練、「主権」誇示 »

2013年4月17日 (水)

公明の山口代表、ぶれる発言 改憲めぐり揺れる思い?

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130416/stt13041622210007-n1.htm

公明の山口代表、ぶれる発言 改憲めぐり揺れる思い?

 公明党の山口那津男代表は16日の記者会見で、憲法改正について「個人的な予断を与えない方がいい」と述べ、改憲への慎重姿勢を一旦“封印”した。

 夏の参院選を前に、自民党との友好ムードを演出するためとみられたが、16日夜のBSジャパン番組では「政権合意とは違う、枠外にある話。連立政権で取り組む課題では必ずしもない」と封印を解除。

 「優先課題を間違えずに国民の期待に応えるべきだ。経済政策で次の一手となる具体的政策を掲げるべきだ」と改憲に意欲的な安倍晋三首相を牽制(けんせい)した。

 自民党との良好な関係維持と公明党としての存在感発揮-。このはざまで山口氏の思いは揺れ動く?

« 秘密保全法案 首相「早期に国会提出」 | トップページ | 中国軍艦「尖閣周辺を航行」=遠洋訓練、「主権」誇示 »

改憲動向」カテゴリの記事