無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 日中関係「対話で解決を」=唐氏 | トップページ | 産経: 【「いま」がわかる政治解説】集団安全保障 平和目的の国際制裁 憲法が壁 »

2013年4月 2日 (火)

「改憲で自民・維新連携、国民はハテナ」小沢・生活代表

http://www.asahi.com/politics/update/0401/TKY201304010438.html
「改憲で自民・維新連携、国民はハテナ」小沢・生活代表

■小沢一郎・生活の党代表

 過去の「護憲だ」「改憲だ」と続いている論争は意味がない。日本維新の会のように一方的に「占領下で占領軍主導で作られた憲法だ」ということを改憲の理由にすれば、法律上いろんな問題が出てくるし、憲法が全部悪いっちゅうことになる。憲法改正になると必然的に維新は自民党と連立か連携をするっちゅうことでしょ。「維新は体制を変革する」というイメージでみんなが捉えているから、それが旧体制と一緒になることの方が政治的には大きな意味なんじゃないですか。国民は「ハテナ」という感じを持つかもしれません。(東京都内で記者団に)

« 日中関係「対話で解決を」=唐氏 | トップページ | 産経: 【「いま」がわかる政治解説】集団安全保障 平和目的の国際制裁 憲法が壁 »

改憲動向」カテゴリの記事