無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 雑記(273)いつの間にかアイリスが咲いていた | トップページ | 「生活保護費でパチンコはダメ」兵庫・小野市で“浪費”禁止条例を可決 »

2013年3月28日 (木)

維新の会新綱領案判明 「保守」路線を明記

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130328/stt13032807170000-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130328/stt13032807170000-n2.htm

維新の会新綱領案判明 「保守」路線を明記
2013.3.28 07:15

 日本維新の会が30日に開く初の党大会で採択する新綱領案が27日、判明した。新綱領案は党の路線として「保守」を明記しているのが特徴で、憲法改正や国際平和への積極的な貢献などを盛り込んだ。また、新綱領案は目指す国家像について「賢くて強い日本」と明記した。

 「強い日本」というフレーズは、安倍晋三首相が2月28日の施政方針演説で用いていることから、是々非々で臨むとしている安倍政権に対して、参院選後は安全保障や憲法改正などで連携することを視野に入れたものといえそうだ。

 新綱領案は冒頭、「国際的な大競争時代の中で、国家の安全、生活の豊かさ、伝統的価値や文化などの国益を守り、世界に伍(ご)していくためには、より効率的で自律分散した統治機構を確立することが急務」とした。

 そのうえで、党の路線については「わが国の歴史と文化に誇りを持ち、良き伝統を保守しながらも、多様な価値観を認め合う開かれた社会を構築する」として、「保守」路線を鮮明にした。

 外交・安全保障の基本的なスタンスについては「『法の支配』『良き統治』等の価値を共有する諸国と連帯し、世界の平和に貢献する」とした。基本政策では「官の統治による行政の常識を覆し、自治・分権による国家運営に転換する」ことや「日本国憲法を国民の意志と時代の要請に適したものに改正する」など8項目を掲げた。
日本維新の会は昨年9月に「維新八策」などを盛り込んだ綱領を策定したが、昨年12月の衆院選で54議席を獲得、今夏の参院選でも勢力拡大を目指していることから、党の路線や基本政策を明確にするため、大阪市で開く30日の党大会での新綱領策定に向けて作業を進めている。今後、石原慎太郎、橋下徹両共同代表を加えて最終調整する。

日本維新の会綱領案 要旨

 国際的な大競争時代の中、国家の安全、生活の豊かさ、伝統的価値や文化などの国益を守り、世界に伍(ご)していくには、効率的で自律分散した統治機構の確立が急務。

 地域、個人が自立できる社会システムを確立し、世界において重要な役割を担い続ける日本を実現。

 わが国の歴史と文化に誇りを持ち、良き伝統を保守しながらも、多様な価値観を認め合う開かれた社会を構築。創意工夫、自由な競争によって経済と社会を活性化し、賢くて強い日本を構築。

 「法の支配」等の価値を共有する諸国と連帯し、世界の平和に貢献。

 決定でき責任を負う民主主義と統治機構を構築するため体制維新を実行。その基本的考え方は次の通り。

 ・自立する個人、地域、国家の実現

 ・「自治・分権」による国家運営への転換

 ・世代間の協力と信頼関係を再構築

 ・国民に開かれた社会を実現し、教育と就労の機会の平等を保障

 ・政府の過剰な関与の見直し、自助、共助、公助の範囲と役割を明確化

 ・既得権の排除と真の弱者支援

 ・産業構造の転換と労働市場の流動化

 ・国民の意志と時代の要請に適した憲法への改正

« 雑記(273)いつの間にかアイリスが咲いていた | トップページ | 「生活保護費でパチンコはダメ」兵庫・小野市で“浪費”禁止条例を可決 »

改憲動向」カテゴリの記事