無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 首相、春の靖国参拝見送り 中韓修復を優先 | トップページ | 秘密保全法を検討=NSC創設で再浮上-政府 »

2013年3月29日 (金)

安倍首相、靖国例大祭に真榊奉納へ 第1次内閣を踏襲

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130329-00000034-asahi-pol

安倍首相、靖国例大祭に真榊奉納へ 第1次内閣を踏襲

朝日新聞デジタル 3月29日(金)17時26分配信

 4月21~23日に行われる靖国神社の春季例大祭で安倍晋三首相が、神前にささげる供え物「真榊(まさかき)」を奉納することがわかった。菅義偉官房長官が29日の記者会見で「(奉納の意向を神社側に伝えたとする毎日新聞の)報道の通りではないか」と認めた。

 首相は2007年の第1次安倍内閣でも、参拝を見送る一方で「内閣総理大臣」の肩書で真榊を奉納。国内向けに自らの信条を表した。政府高官は29日、奉納について「第1次内閣でもやっている」と述べ、当時の形を踏襲する可能性を示唆した。

 前回の首相就任時に奉納した真榊は、サカキの鉢植え1基。高さ2メートル近くあり、本殿に上がる木製階段の両脇にほかの真榊とともに並べられた。費用は5万円だったという。

 最近では麻生太郎元首相も、首相在任時に「内閣総理大臣」の肩書で秋と春の例大祭に真榊を奉納した。

« 首相、春の靖国参拝見送り 中韓修復を優先 | トップページ | 秘密保全法を検討=NSC創設で再浮上-政府 »

「国内情勢」カテゴリの記事