無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 防衛研:「日中海洋機関の会合を」定期開催提案 | トップページ | 安倍首相、靖国例大祭に真榊奉納へ 第1次内閣を踏襲 »

2013年3月29日 (金)

首相、春の靖国参拝見送り 中韓修復を優先

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013032901001361.html
首相、春の靖国参拝見送り 中韓修復を優先

2013年3月29日 10時22分

 安倍晋三首相は靖国神社の春季例大祭(4月21~23日)に合わせた参拝を見送る方針を固めた。その代わり「真榊」と呼ばれる供物を奉納する方向で検討に入った。参拝すれば、アジア諸国の反発は必至で、当面は中国、韓国との関係修復を急ぐべきだと判断したためとみられる。首相周辺が29日、明らかにした。

 政府は、5月下旬に日中韓首脳会談を調整している。ただ、真榊の奉納によって終戦記念日や秋の例大祭参拝の可能性を残したとの見方もある。

 首相は第1次安倍内閣時、日中関係を立て直すため「戦略的互恵関係」を構築するとともに、中国に配慮して靖国参拝を見送った経緯がある。
(共同)

« 防衛研:「日中海洋機関の会合を」定期開催提案 | トップページ | 安倍首相、靖国例大祭に真榊奉納へ 第1次内閣を踏襲 »

「国内情勢」カテゴリの記事