無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 嘉手納以南返還の行程明示=負担軽減で沖縄の理解促す-安倍首相 | トップページ | 陸自中枢部隊が座間へ 日米一体化、さらに進む »

2013年3月25日 (月)

海自飛行艇、印に輸出検討=中国けん制も視野-防衛省

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013032400085
海自飛行艇、印に輸出検討=中国けん制も視野-防衛省

 海上自衛隊が海難救助目的で運用している国産飛行艇US2について、防衛省が民間用途としてインドに輸出を検討していることが24日分かった。インドは中国と国境問題を抱えて対立してきた歴史があり、日本側としては、海洋進出を加速させる中国をけん制する狙いもありそうだ。 
 US2は水面着陸が可能な水陸両用機。荒天での着水能力が国際的に高く評価されている。防衛省は「US2は武器ではない」(幹部)として、武器輸出三原則には抵触しないとの立場だ。同省としては民間転用によって販路を拡大し、調達コストを低く抑えたい思惑もある。(2013/03/24-15:31)

« 嘉手納以南返還の行程明示=負担軽減で沖縄の理解促す-安倍首相 | トップページ | 陸自中枢部隊が座間へ 日米一体化、さらに進む »

「国内情勢」カテゴリの記事