無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 9条改悪で参加可能/国連の軍事行動 安倍首相が発言 | トップページ | 国と東電相手に集団提訴=原発避難者ら1650人―福島地裁など【震災2年】 »

2013年3月10日 (日)

大災害時権利制限へ憲法改正を

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130310/k10013095331000.html

大災害時権利制限へ憲法改正を
3月10日 18時0分

自民党の石破幹事長は仙台市で講演し、大規模な災害などに適切に対応するためには、政府が国民の権利を一時的に制限する必要があるとして、憲法を改正し根拠となる条文を盛り込むべきだという考えを示しました。

この中で自民党の石破幹事長は、東日本大震災に関連し、「国民の生命・財産が危機にさらされた時や国家が存亡の危機にさらされたときに、国民の生命・財産を守り、平穏に回復させるため、国民の権利を一時的に制限するのは、どの国でも当たり前のことだ」と述べました。
そのうえで石破氏は、「憲法に必要な条文が盛り込まれていないのは、憲法ができたときに日本が独立国家ではなかったからだ。国家が独立した以上、必要な条文を持つ憲法を作ることが、自民党の第1の目的だ」と述べ、憲法を改正し、政府が大規模な災害などの際に国民の権利を一時的に制限する条文を盛り込むべきだという考えを示しました。

« 9条改悪で参加可能/国連の軍事行動 安倍首相が発言 | トップページ | 国と東電相手に集団提訴=原発避難者ら1650人―福島地裁など【震災2年】 »

改憲動向」カテゴリの記事