無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 集団安保「9条改正で参加可能」=円安便乗値上げを監視-安倍首相 | トップページ | 雑記(267)ユスラウメのつぼみ »

2013年3月10日 (日)

貫く脱原発 福島と共に 1万5000人集会

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013031002000115.html

貫く脱原発 福島と共に 1万5000人集会

2013年3月10日 朝刊

 東日本大震災からあす二年を迎える。市民らが脱原発を訴えるイベントが九日、各地で開かれた。東京都新宿区の明治公園では「つながろうフクシマ! さようなら原発大行動」と題した集会があり、約一万五千人(主催者公表)が参加。ノーベル賞作家の大江健三郎さんらが「私たちの思いは福島の人たちと共にある」などと訴えた。 

 集会は、脱原発を目指して署名運動を続ける市民グループが主催。九日現在で約八百二十万人分の署名が集まったという。

 壇上で大江さんは「東京電力福島第一原発事故をなかったかのようにしようとする人々と闘う」と決意を語った。作家の沢地久枝さんは「福島の事故を二度と繰り返さないために、私たちに何ができるか。一人一人が考えることが、世直しにつながる」と訴えた。

 集会の最後、最近になって福島市から京都に避難した斎藤夕香さん(40)が「私たちは忘れられるんじゃないかと不安。原発事故は終わっていない。さらに状況が悪化していることを知ってほしい」と壇上から訴えると、会場から大きな拍手が湧き起こった。

 集会後に参加者は会場周辺をデモ行進し、「原発やめろ」「子どもたちを被ばくから守れ」と声を上げた。

« 集団安保「9条改正で参加可能」=円安便乗値上げを監視-安倍首相 | トップページ | 雑記(267)ユスラウメのつぼみ »

民衆の運動」カテゴリの記事