無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 改憲発議緩和に全力=菅官房長官 | トップページ | 「96条改定」狙い動き加速/改憲派 国民よそに新体制づくり/憲法尊重擁護義務ある首相先頭に内閣“占領” »

2013年3月11日 (月)

公明・山口代表:首相の9条発言「一議員の論点」

http://mainichi.jp/select/news/20130311k0000m010038000c.html

公明・山口代表:首相の9条発言「一議員の論点」

 公明党の山口那津男代表は10日、ある国の侵略行為に国連が一致して対応する「集団安全保障」に参加できるよう、憲法9条改正が必要との認識を示した安倍晋三首相の発言について「政府には憲法順守義務がある。一国会議員として論点を提示した」と述べ、慎重な考えを示した。東日本大震災の視察で訪れた宮城県気仙沼市で記者団の質問に答えた。

 山口氏は集団安全保障について「憲法との関係で、日本の一主権国の立場と集団安全保障への参加のあり方を幅広く議論していく必要がある」との認識を表明。震災復興の取り組みに関しては「復興が進んでいるとの実感を味わってもらうため、全力を挙げる」と強調した。【福岡静哉】

« 改憲発議緩和に全力=菅官房長官 | トップページ | 「96条改定」狙い動き加速/改憲派 国民よそに新体制づくり/憲法尊重擁護義務ある首相先頭に内閣“占領” »

改憲動向」カテゴリの記事