無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 発電しなくても年1・2兆円…全国の原発維持費 | トップページ | 雑記(213)家の前の桜 »

2013年3月29日 (金)

北朝鮮がロケット部隊に待機命令、米ステルス爆撃機訓練に反発か

鶏か、卵かではない。どちらも火遊びは止めろ。(高田健)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130329-00000024-reut-kr

北朝鮮がロケット部隊に待機命令、米ステルス爆撃機訓練に反発か

ロイター 3月29日(金)7時49分配信

[ソウル 29日 ロイター] 北朝鮮の金正恩第1書記は、ロケット部隊に対して、韓国と太平洋の米軍基地を攻撃するため待機命令を出した。朝鮮中央通信社(KCNA)が報じた。韓国で米韓両軍が実施中の野外機能訓練に、米軍のステルス型爆撃機が投入されたことに対する措置とみられる。

米軍は28日、核兵器を搭載できレーダーに探知されにくいステルス型のB2戦略爆撃機が、韓国で米韓両軍が実施中の野外機能訓練「フォールイーグル」で爆撃訓練を行ったと発表した。

B2が米国本土から韓国での訓練に参加するのは初めてとみられる。また米軍がB2の訓練投入を公表するのは異例で、北朝鮮による一連の挑発行為をけん制する狙いがあるようだ。米軍は今回の訓練について、長距離攻撃を「迅速かつ自在に」行うことができる能力を示すものだと説明している。

KCNAによると、金第1書記は29日未明に軍幹部との会議を招集し、必要な時に米国本土やハワイやグアムなどの太平洋地域、および韓国にある米軍基地を攻撃できるよう、待機命令を出した。

北朝鮮は今月、米韓が合同軍事演習を継続すれば、1953年に締結した休戦協定を破棄すると発表。また、米韓とのすべての通信手段を遮断するとし、米本土などの米軍基地を標的にした戦闘態勢に入ると表明していた。

« 発電しなくても年1・2兆円…全国の原発維持費 | トップページ | 雑記(213)家の前の桜 »

「国際情勢」カテゴリの記事