無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 維新、大会関連報道 | トップページ | 秘密保全法案:政府、秋の臨時国会に提出方針 »

2013年3月31日 (日)

朝日社説:日本維新の会―一体どこへ向かうのか

http://www.asahi.com/paper/editorial.html?ref=com_gnavi#Edit1
社説:日本維新の会―一体どこへ向かうのか

    日本維新の会がきのう、結党以来初の党大会を大阪市内で開いた。夏の参院選で、自民党などと合わせ憲法改正の発議に必要な3分の2の議席を確保する。石原慎[記事全文]

法律家の養成―「利用者のため」を貫け

    法律家のため、ではない。あくまでも市民、利用者の視点から考える。その姿勢を見失うことなく、いまの厳しい局面を乗りこえたい。政府の法曹養成制度検討会議が中間提言案を公表し[記事全文]

日本維新の会―一体どこへ向かうのか

 日本維新の会がきのう、結党以来初の党大会を大阪市内で開いた。

 夏の参院選で、自民党などと合わせ憲法改正の発議に必要な3分の2の議席を確保する。

 石原慎太郎氏とともに共同代表を務める橋下徹大阪市長は、そんな目標を打ち出した。

 改憲論議自体、否定すべきものではない。ただ、あまりにも前のめりな維新の姿勢には、危うさを感じざるを得ない。

 見過ごせないのは、大会で採択された綱領に「日本を孤立と軽蔑の対象に貶(おとし)め、絶対平和という非現実的な共同幻想を押し付けた元凶である占領憲法を大幅に改正する」という一文が盛られたことだ。

 「国民の意志と時代の要請に適したものに改正する」という原案だったが、石原氏が持論をもとに書き換えたのだという。

 これでは平和主義を含む憲法の全面否定であり、とうてい容認できない。

 安倍政権との向き合い方も気がかりだ。

 橋下氏は「自民党に既得権打破はできない」「参院選で自公の過半数絶対阻止」と対抗姿勢を示す一方、環太平洋経済連携協定(TPP)などで安倍首相の政権運営を高く評価した。

 もちろん、野党は何でも政権に反対すればいいというものではない。それにしても、わかりにくい対応である。

 首相に親近感を抱く維新幹部は少なくない。いずれ改憲を軸に自民党と手を組むのではないか、という見方も消えない。

 もしそんな思惑があるとすれば、巨大与党を利するだけだ。

 もともと大阪都構想など「地方発」の改革や、既得権益の打破が、この党の原点だった。昨年暮れの総選挙で躍進したのも、そうした期待からだろう。

 きわめて右派色の濃い改憲論といい、政権への熱いエールといい、維新の「変身」に戸惑う支持者も多いのではないか。

 党の置かれた状況は、決して楽観できるものではない。

 朝日新聞の3月の世論調査では、今夏の参院選の比例区投票先として維新は12%。自民の47%には遠く及ばず、かつてほどの勢いは感じられない。

 理由は明らかである。この党がどこへ向かおうとしているのか、有権者に見えにくくなっているからだ。

 党大会で改憲を前面に押し出したのも、存在感が薄らぐことへの焦りの表れかもしれない。

 だが、それが支持者が本当に期待していることなのか。維新の原点を踏まえ、もう一度、考えた方がいい。

« 維新、大会関連報道 | トップページ | 秘密保全法案:政府、秋の臨時国会に提出方針 »

「国内情勢」カテゴリの記事