無料ブログはココログ

許すな!憲法改悪・市民連絡会

« 尖閣問題 日米で中台共闘阻止 台湾に自制要求 奏功 | トップページ | 習氏、対日強硬路線変わらず=「王毅外相」で譲歩促す-全人代後に相次ぎ訪中団 »

2013年3月 3日 (日)

不測の事態「責任は日本に」=尖閣で強く警告-中国政協報道官

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013030200303
不測の事態「責任は日本に」=尖閣で強く警告-中国政協報道官

 【北京時事】中国の全国政治協商会議(政協)の呂新華報道官は2日、同会議の3日の開幕を前に記者会見した。呂氏は沖縄県・尖閣諸島をめぐり悪化する日中関係について、「もし日本が自衛隊艦艇や航空機を出動させ、中国側のパトロール活動を妨害し、不測の事態が起きれば、一切の責任は日本側にある」と強い口調で警告した。
 呂報道官は日本政府による尖閣購入を改めて非難。日本の「右翼勢力」の戦争責任や靖国神社参拝、歴史教科書問題を挙げ、「日本が歴史を直視し深刻に反省しないなら、道徳面で永遠に被告席に立つことになる」と批判した。
 さらに「領土主権の問題では絶対に譲歩しない」と主張し、「重要なのは日本が中国の主権を損なう活動を停止することだ。特に日本の指導者は無責任な発言をやめるべきだ」と訴えた。
 呂報道官は深刻化する中国の大気汚染については「工業化、都市化が急速に進む過程にあり、エネルギーの消費が大きい」として、「北京などで短期間に大気の基準を達成することはできない」と悲観的な見通しを示した。 
 同会議では共産党政治局常務委員の兪正声氏が会議を取り仕切る議長団の代表を務め、会期中に政協主席に就任する。12日午前に閉幕する。(2013/03/02-20:32)

« 尖閣問題 日米で中台共闘阻止 台湾に自制要求 奏功 | トップページ | 習氏、対日強硬路線変わらず=「王毅外相」で譲歩促す-全人代後に相次ぎ訪中団 »

「国際情勢」カテゴリの記事